団信に通らなかった人向けの住宅ローン

団信に通らなかった人向けの住宅ローン

団信に通らなかった人向けの住宅ローン

団信に通らなかった人向けの住宅ローン

住宅ローンを申し込んだところ、団信が通らなかった。

 

普通、住宅ローンは団信が加入条件となっています。条件とは、住宅ローンを借りる場合、団信に加入しないといけないという事です。

 

ご存じだと思いますが、団信とは、団体信用生命保険の略で、もし債務者(お金を借りた人)が亡くなったり、高度障害となってしまったりした場合に、保険金が下りてきて住宅ローンが完済となり、ご家族に負担が残らないようにするものです。

 

一般的には、

 

契約者=金融機関
被保険者=債務者
保険金受取人=金融機関

 

という契約形態を取っています。つまり、金融機関がお金を借りる人(債務者)に保険をかけて、万一の場合は金融機関が保険金を受け取るという仕組みです。契約者=保険料を納める人、なので、金融機関が保険料を支払います。ですから、あなたは団信の保険料を支払う必要はありません。その代り、団信に加入できない場合は住宅ローンを借りる事ができません。

 

ここで断っておきますが、フラット35は団信加入が任意です。任意とは、加入しても良いし、加入しなくても良いという事です。つまりフラット35の場合は団信に加入しなくても住宅ローンを組むことは可能です。その代り団信の保険料は自己負担となります。ですが、団信の加入が任意だからと言っても、極力団信には加入した方が良いでしょう。

 

また、引受条件緩和型団信用体生命保険を取り扱っている銀行もあります。引受条件緩和型団信用体生命保険を、ワイド団信と言います。
これは文字通り、引受条件を緩和したもので、糖尿病、高血圧症、肝機能障害などの場合でも、ワイド団信なら加入できる場合があります。そのため、通常の団信が謝絶されて住宅ローンが組めないと言われた場合でも、ワイド団信を取り扱っている銀行の住宅ローンなら、住宅ローンを借りられる場合もあるという事です。

 

ワイド団信を取り扱っている銀行は少ないですが、例えば大手では、三菱東京UFJ銀行がワイド団信を取り扱っています。糖尿病、高血圧症、肝機能障害などで団信に加入できなかった方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、ワイド団信は保険料が高くなります。通常、団信保険料は銀行負担ですが、銀行負担と言っても、実際には借入金利に含まれていますので、ワイド団信の場合、借入金利に0.2%〜0.3%くらいを金利に上乗せされるという仕組みです。

 

まとめますと、

団信に入れなかった場合、団信なしでも良いならフラット35を検討してみる。
団信に入れなかった場合、引受条件緩和型団信用体生命保険を取り扱っている銀行の住宅ローンを検討してみる。

 

フラット35は金融機関によって金利や手数料が違います。フラット35は、ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35が金利が安くて人気があるみたいです。

 


22

団信に通らなかった人向けの住宅ローン関連ページ

団信が謝絶で借換できない時の対処法
団信が謝絶で借換できない場合、どう対処すればよいのでしょうか?
住宅ローンの審査期間って?ちょっと長くない?
住宅ローンの審査期間ってどれくらいなのでしょうか?一般的にどれくらいなんでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ