ローンの返済が困難な時の対応策は?

ローンの本数を少なくする

住宅ローンや自動車ローン、カードローンを借りていて、ついついローンの本数が増えてしまった人の場合、毎月の返済額が増えてしまいますので、当然ローンの返済は困難になります。

例えば、
カードローンA 残高 100万円 毎月の返済額 2万円
カードローンB 残高  50万円 毎月の返済額 2万円
マイカーローン 残高 100万円 毎月の返済額 5万円
と、ローンが3口ある場合、毎月の返済額は合計で9万円です。

この3つのローンを例えば、借入金をまとめる事ができるローン、例えば楽天銀行スーパーローン(カードローン)でまとめます。するとどうなるかと言いますと、

ローンをまとめますので、残高の合計は250万円です。
これが、例えば楽天銀行スーパーローンの場合、毎月の返済額は3万5千円になります。(残高スライド返済による分割払い、当月の残高200万円超250万円以内の場合)※平成25年12月29日時点

 

毎月の返済額は、9万円から3万5千円になりました。

ローンの返済

上の例では、ローンをまとめるだけで(ローンの残高は変わりませんよね。)毎月の返済が半分以下になります。毎月の返済が半分になれば、返済困難な状況はかなり改善されるのではないでしょうか?

 

借入金をまとめる事ができるローンは、楽天銀行スーパーローンの他にも色々商品が出ています。

 

おまとめローンの比較サイトです⇒今借りてるローンをおまとめしたい方へ

 

上記リンクからおまとめローンの比較サイトへ飛ぶことができます。金利や借入可能な金額を比較することが出来ます。金利は審査結果によって、高かったり低かったりすると思いますが、返済が困難な人の場合、金利が高いか低いか、ということよりも、資金繰り、つまり毎月の返済額をいかに少なくするか?の方が大事だと思います。いくら金利が安くても、延滞してしまったら全く意味がありませんから。

 

これらのローンをうまく使うことで、毎月の返済額を少なくすることができれば、ローンの返済が困難だと感じた時に、お役に立つのではないかと思います。