実質年率15%

実質年率15%ってどのくらいの利息なの?

実質年率15%ってどれくらいなのか?

実質年率15%

キャッシングやカードローンでお金を借りる時に、一番心配なのが返済できるかどうかという事ではないでしょうか?

 

消費者金融系や信販系のローンの場合、金利が高くて返済できなくなるんじゃないか?という不安があるのではないでしょうか?

 

特に消費者金融では金利が高いというイメージが強くて不安に思われるかと思います。結論から言いますと、昔は確かにそうだった時もありました。でも今はいわゆるグレーゾーン金利がなくなって、消費者金融会社は過払い請求に応じているくらいですから、事情がかなり変わってきています。利率は消費者金融系でも安ければ6%くらいからの商品もあります。仮に実質年利15%だったとしたら、利息はいくら支払わなければならないか、例を挙げてみます。

 

元金100万円で、借入金利は実質年利で15%だったとすると、100万円を一年借りっぱなしだったとして、100万円×15%=15万円、一年で15万円の利息がかかってきます。そうすると、一ヶ月分の利息は15万円÷12ヶ月=12,500円です。

 

仮に100万円を借りて、一週間で返済した場合の利息は、100万円×15%×7日÷365日=2,877円です。1日だけ借りた場合は100万円×15%÷365日=411円です。元金が50万円だった場合はその半分になります。

 

借りたら利息ばかりがかさんで、元金が返済できなくなるとまでは行かないのではないでしょうか?だいたいイメージがわきましたか?銀行のカードローンでも11%〜15%くらいの商品が主力だと思います。今は銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングも、利率という面ではあまり大差はありません。商品や借りる人の条件によってはむしろ消費者金融系、信販系カードの方が金利が低い商品もあるくらいです。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ