資金ショートした時にファクタリングを利用する

【ファクタリング】資金ショートした時の強い味方

資金ショートしそう。こんな時、ファクタリングを検討してみませんか?

資金調達のプロ

 

まず、ファクタリングを利用できるのは法人のみです。個人事業主は利用できません。

 

ファクタリングとは、簡単に言えば売掛金の売買です。

 

いつも銀行で割引手形をやっていらっしゃる方なら簡単に理解できるかと思いますが、割引手形とは、手形を銀行に買い取ってもらいます。その時に、割引料が差し引かれますので割引手形と言います。

 

ファクタリングとは、それの売掛金版と言うとわかりやすいと思います。

 

つまり、あなたの会社が保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうわけです。

 

ですから売掛金を保有していなければファクタリングは利用できません。スーパーマーケットなどの小売業や、理容店や美容院などの、いわゆる現金商売では通常売掛金が発生しませんのでファクタリングを利用することはできません。

 

それ以外の業種では、通常は取引相手がだいたい決まっており、継続的に売掛金が発生しているケースが多いと思います。

 

相手が大手であればあるほど、売掛期間が長いのではないでしょうか?

 

通常売掛金と言うと、締日の翌月払いが多いと思いますが、大手企業だと力関係で、例えば2か月、3カ月後に現金支払いという事もあると思います。いっそのこと手形でくれれば(手形割引ができるので)良いのに・・・と思ってしまいます。大手企業の資金繰りが楽になるという事は、こちらの資金繰りが厳しくなるという事です。

 

まずい・・・・このままでは資金ショートしてしまう・・・。

 

という時、資金ショートの対策として、まず銀行融資を申し込む事は言うまでもありません。

 

しかし、銀行から融資を断られた、もしくは銀行からの融資が期待できないという場合、ノンバンクのビジネスローンを検討するのも良いかもしれませんが、ファクタリングを検討してみるのも一つの方法です。

 

こちらはファクタリングの無料診断をやっているサイトですやじるし【資金調達プロ】ファクタリングの10秒カンタン無料診断はコチラ

 

ファクタリングのメリットは、

 

  • 融資ではない(売掛金の売買)なので借りない資金調達が可能
  •  

  • 金融機関とは審査方法が違う(売掛金を支払う企業の信用力の方がが重要だから)
  •  

  • 信用情報への影響なし(借入金じゃないから)
  •  

  • リスケ中であっても税金滞納で銀行から融資を断られていても資金調達ができる
  •  

  • 決算書上、負債にならない(借入金じゃないから)

 

・・・などと色々あります。

 

ファクタリングを利用する際に、不安に思う事は、

 

売掛先に、ファクタリングで資金調達した事がばれてしまうんじゃないか?

 

ということですが、2社間ファクタリングの場合はばれる心配はありません。3社間ファクタリングの場合はばれてしまいます。

 

2社間ファクタリングの場合、あなたの会社が回収した売掛金をファクタリング会社へ支払います。⇒だからばれない。

 

3社間ファクタリングの場合、あなたの会社へ売掛金が支払われるのではなく、ファクタリング会社へ直接支払われます。⇒だからばれる。

 

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社の負うリスクは高くなります。売掛金があなたの会社に一旦は入ってきますので、それを使ってしまわれたらファクタリング会社は資金を回収できないというリスクが高いです。ですからファクタリングを利用するコストは2社間ファクタリングの方が高くなる、という仕組みです。

 

また、もう一つのデメリットとして、ファクタリング会社は東京を中心に都市部に多いため、面談が必要な場合、地方にいらっしゃる方だと不利である点です。ファクタリング会社から面談を求められた場合、東京まで出向かないといけないかもしれません。

 

メリット、デメリットがあるファクタリングですが、資金ショートは何としてでも免れなければなりません。

 

是非、ご検討してみてください。

 

下記バナー、リンク先で、資金調達可能金額を診断してくれます。

 

資金調達のプロ
やじるし【資金調達プロ】ファクタリングの10秒カンタン無料診断はコチラ

 

 

 

 

【ファクタリング】資金ショートした時の強い味方関連ページ

個人創業して初めて事業資金を借りるには?
個人創業して初めて事業資金を借りるには、どこへどう申し込みをすれば良いのでしょうか?
事業資金の即日融資
事業資金でも即日可能な商品について紹介します。資金繰りは急に狂うものですね。支払日に間に合わなくなった時、支払手形、小切手の決済にはどうしても間に合わせなければなりません。そんな時にお役に立つ事業資金についての紹介です。
運転資金を借りたいが、銀行に断られた場合
運転資金を借りたいが、銀行に断られた場合について。ビジネスローンの紹介。

ホーム RSS購読 サイトマップ